【食レポ】ルビーチョコレートの食べ比べ!どんな味で何と合うか調査

バレンタイン

もうすぐバレンタイン!

この時期になると色々な種類のチョコレートが発売され、バレンタインデーにどれをあげようか試食するのが楽しみですね。

少し前から流行り始めたピンクのルビーチョコレート

ピンクなのでイチゴ味のチョコレートだと思っていましたが、全然違いました・・・

そこで、今回ルビーチョコレートについて調べ、ルビーチョコレートが使われているチョコレートをいくつか試食し、どれが美味しいのか食べ比べてみました。

ルビーチョコレートとは?

ルビーショコレートは、スイスの「バリーカレボー社」が10年という歳月をかけて開発し、2017年9月より発売されました。

その特徴はなんと言ってもその鮮やかな「ピンク色」

ピンク色なのでイチゴ味のチョコレートと思っている方もいるのではないでしょうか?

そのピンク色は、着色料や合成のフレーバーを一切使用していない天然の色で、南米原産のルビーカカオ豆から作られます。

そして、そのカカオ豆から作られたチョコレートには独特のフルティーな酸味があるのです。

ルック宝石ショコラの味は?

今記事を発見したので、実際に食べて見ました。

2020年ルビーチョコレートを使った新作のルック宝石ショコラです。

中を開けてみるとこのようなパッケージに入っています。

チョコレートは、

鮮やかなピンク色のルビーチョコレートには酸味がよく効いていて甘味とのバランスが良いですし、フィアンティーヌという薄く焼いたクレープ状のお菓子を砕いて中に入れてあるので、軽いサクサク感もあります。

ルビーチョコレートの中に違う素材を入れてもよく合うのですね。

ルビー&ミルクチョコレートの味は?

こちらは、ミルクチョコレートの上にルビーチョコレートの層を作った一口サイズのチョコレートです。

ルビーチョコレートのフルーティーな天然の酸味とミルクチョコレートのほんのりとミルクを含んだ甘味がよく合います。

プレミアムチロルルビーチョコレートの味は?

こちらは一つから買うことができるチロルチョコレートです。

中身はヌガータイプの柔らかいチョコレートになっていて、表面を硬いチョコレートで覆っているので、一口硬いチョコレートを噛んだ後に、甘酸っぱい柔らかいチョコレートが口の中いっぱいに広がってきます。

ルビーチョコレートの食レポまとめ

今回は、3種類の市販されているルビーチョコレートを食べ比べて見ました。

どのチョコレートもそれぞれに特色があり、甲乙つけがたくおいしかったです。

バレンタインに今回ご紹介したチョコレートをそのまま送ったり、ご自身でアレンジして作ってみるのも面白いかもしれませんね。

先日は、近所の冨澤商店に行ってお菓子の材料を探していたら、ルビーチョコレートを発見しました。

中身は、小さな円形のタブレットになっているので、簡単に湯せんで溶かすことができますよ。


>>アレンジ用ルビーチョコレートを見てみる

こちらのルビーチョコレートを使ってバレンタインデーのチョコレートを作れば、ピンクの華やかな色とほんのり酸味のあるチョコレートやお菓子がお好みのアレンジで作れます。

是非お試しくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました